元会社員トラックドライバーたかちゃんのブログ

初心者大型トラックドライバーのブログです。

会社員からトラックドライバーに転職しようと思った理由

1000人規模のそこそこ大きな製造業の会社で20年弱の間、主に総務系の仕事をしていましたが、2020年に転職を決意しました。

製造業の会社では結構長い間働きましたが、仕事が楽しかった訳ではなく、安定した収入のために定年まで辞めずに続けたほうがいいだろうという思いで仕方なくやっていた感じです。

 

会社員なので当然人間関係は避けて通れないものであり、社員には気の合う人もいますが、合わない人もいます。

 気の合わない人、価値観が異なる人とは一切関わらないようにしたいですが、仕事上ではそういう訳にはいきません。そうなると当然ストレスがたまり、仕事もプライベートも色々なことのやる気が削がれます。年数が経つにつれ、ストレスは大きくなっていきました。

 妻子もいるため、生活のための安定した収入は大事ですが、ストレスで身を削ってまで続けなければならないのかということを日々考えるようになりました。

 

仕事自体も別に楽しいわけでもなく自分のやりたい仕事ではなかったため、1~2年前から、人間関係のストレスがなるべくなく、自分が本当にやりたい仕事をやりたいという気持ちが強くなってきました。

 

その仕事とは、「トラックドライバー」の一択でした。

大きな車を運転しなければならないことや肉体労働、交通事故のリスクなど簡単な仕事ではないことはもちろん分かっていましたが、車の運転が好き」、「一人でいることが好き」な性格のため慣れてしまえばそれなりにやりがいをもって楽しく気楽にできる仕事ではないかと思ったのが理由です。

 

しかし、今まで転職経験はない、トラックドライバーは未経験、年収は少なくとも百万円以上減る上労働時間(拘束時間)が長くなる、交通事故のリスクが高まる、妻の同意が必要 などのことがあり、転職を決意するのは簡単ではありませんでした。

 

転職を決意できたのは、youtubeの「貞山放送鉄生さん」や「崖トラさん」などの動画を見たおかげです。ドライバー未経験、初心者の人向けに分かりやすい解説で色々な不安が解消でき、自分でもできそうだとある程度の確信が持てました。他にも多くのトラックyoutuberさんの動画を見て、自分もトラックドライバーをやりたいという気持ちが強まりました。

動画は見出すと止まらなくなるので、注意が必要です。(笑)

 

また、妻の同意を得た経緯については別記事に書く予定です。

 

先に書いた通り転職することのデメリットも多くありますが、やはり本業については、「人間関係のストレスがなるべくなく、自分がやりたいと思える仕事をやる」ということが最優先だと思いました。

 

人間関係のストレスほど馬鹿らしいものはないと思います。初めて転職した自分が言うのもなんですが、会社の人間関係のストレスでプライベートにも支障がでるのであれば、収入のことは捨てて、すぐにその会社は辞めるべきだと思います。

 

少しでも安定した収入、多くの収入を得ようとストレスを抱えながら仕事を続けると、どう考えても収入よりも大きなものを失います。

 

それは、モチベーションが低下し、仕事、プライベートともにベストな能力を発揮できない、楽しい生活を送れない、不健康になる、周りの人を不安にさせるなどのことだと思います。

 

なので、自分に合わない仕事からは一刻も早く逃げるべきです。

 

逆に言えば、日常のストレスがなく高いモチベーションで生活することができれば、新しい職場に転職する自己投資(勉強)し、本業以外での収入が得られるようになる(副業する)、などのことは難しくないように思います。

 

 

転職副業というのはあまりいいイメージはないかもしれませんが、終身雇用が保障されない現代においてはむしろ、自身のスキルアップができて結果的にはあらゆる場面でのプラスになるのではないでしょうか。

 

私は今後もし、会社での仕事で大きなストレスを感じたら、すぐに転職するという考えでいます。

 

 

 

 

プライバシーポリシー